嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。虐待で支援学校に行けなくなってから早7年。傷ついた心は何処へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

エテに会わせたかった人

優しき母よ。

私の母はとても優しい人でした。

人を見下すとか色眼鏡で見るという事を決してしない人でした。

意識してそうするわけではなく、生まれ持ったものだろうと思います。

優しい母のまわりには同じく優しい人達が多くいました。

 

障害がどういうものか、障害という言葉さえよく知らなかった子供の頃の話です。

母を頼って、あるいは母と話をする為にいろんな人が我が家にやって来ました。

その中に私達兄弟が兄ちゃんと呼んでいた男の人がいました。

兄ちゃんは忘れた頃にやって来て、家の手伝いをしながら1日、2日泊まったりしていました。

忙しい時は家に入る事もなく、ただ父や母の顔を見るだけで直ぐに帰って行きました。

みんなでご飯を食べる時、父や母の問いかけに兄ちゃんはただにこにことうなづくだけでした。

兄ちゃんの受け答えはそれで良いわけで、父や母も嬉しそうに笑いながら話を続けていました。

兄ちゃんが話すのを見た事は一度もありませんでしたが、それが特別な事だとは思いませんでした。

兄ちゃんは車を持っていませんでした。

昔の田舎では車の普及が遅く所有者も少なかったのですが、誰もが車を持てる様になった時代にも兄ちゃんは車を持っていませんでした。

彼の移動手段は自転車です。

我が家から兄ちゃんの自宅までは数十キロほどの距離があり、途中結構きつい山を通り抜けてこなければならないのですがそんな事などものともせず、どこへ行くのにも自転車を使っていました。

自転車で走る兄ちゃん当たり前だったので不思議に思う事も、疑問に思う事もなかったのですが「車の免許が取れないから」と大きくなって親から聞いた時、初めて兄ちゃんに障害がある事を知りました。

 

兄ちゃんは遠くからやって来るのですが、知り合いはたくさんいても立ち寄るのは我が家だけでした。

他の知り合い達は兄ちゃんに声を掛けたり、家に招き入れるという事はほとんどしませんでした。

田舎で障害者に声をかける事は体裁が悪かったか、あるいは話の出来ない兄ちゃんに声をかけても仕方がないと思ったのか・・・

いつ、いかなる時も笑顔で優しく迎え入れてくれる母を、姉の様に慕っている兄ちゃんの顔はいつも嬉しそうでした

大人になり実家に帰った時、頭が白髪交じりになった兄ちゃんが我が家に立ち寄った事があります。

兄ちゃんはとても若々しく、相変わらず移動手段は自転車でした。

 

障害があり車の免許を取る事は出来ませんでしたが、いつもにこにこと幸せそうに笑っている兄ちゃんが他人を傷つけたり、不幸にする事は決してないのだろうと思います。

 

兄ちゃんが他人に傷づけられる事はあっても・・です。

 

父と母が立て続けに亡くなった事を兄ちゃんは知りません。

両親に会いに我が家に立ち寄った時、既に亡くなっている事を知った彼の悲しみがどれほどのものか・・

 

想像したくはありません。

 

父が60歳を過ぎた頃兄ちゃんの話になり、「兄ちゃんは自分と同じ年」と父から聞かされた時、飛び上がらんばかりに驚きました。

 

何十年も兄ちゃん常兄ちゃんと兄ちゃんの様な感覚で呼んでいたのに・・

 

まさかの・・父と同い年!?

 

 (*´Д`)=3ハァ・・兄ちゃん、ちゃいますやん・・おじちゃんやん!?

 

 

私の数十年の「兄ちゃん」という意識と感覚を返して欲しいです

 

 

f:id:yamamomokobaru:20201024152639j:plain

ズボンの落書き・・

 

芸術じゃね!?

 

エテを母に会わせたかった

エテを母に会わせたかったです。

傷つきやすい、障害を持つ我が子を見て欲しかったです。

そして悩み多き私の話し相手として母が、今目の前にいてくれたらなあと思います。

 

心優しき母は、私に何と言ってくれるだろう・・・

 

傷ついたエテに何と声をかけてくれるだろう・・・

 

 

なあ~んてね(´·  ·̀)

この年になって、とうの昔に亡くなった母を頼りにしようなんて・・・

 

 

 

どうかしてるぜ・・・