嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。虐待で支援学校に行けなくなってから早7年。傷ついた心は何処へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

学校に訴えを無視されてきた7年。これから世の中に7年間訴え続けたら変わるのか

世の中に訴えるしかない状況。

息子の事に関して、学校に何も言ってこなかったわけではありません。

ブログにも書いているように話し合いの場を持って欲しいとは幾度もお願いしてきました。

真実が知りたい!

同じ様な目に自分の子供があえば親なら誰もが思う事、考える事ではないかと思います。

お願いしてきた結果はこのブログを読んで下さっている方々もご承知の通りです

息子の事情を知っている、このブログの存在も知っている学校関係者全ての人達に完全にスルー(無視)されてきたという事です

それは7年前から同じ、現在進行形のままです

 ただただ、親である私の力不足だと思っています

障害児の親がひとりで立ち向かったって変わる事はない・・と言うのが実感です

一人の力はあなたが思うよりも大きい・・そんな言葉を昔何かで読んだ事があるのですが、残念ながら私には当てはまらなかったようです

 

学校や関係者達にいくら訴えても駄目なら世の中に訴えればいいじゃない!?

葛藤がありながらも私が行きついた答えです

 

障害児を抱え、出来れば目立たない様に静かに生活していきたいと思っていた私にとって、この世の中に訴えるという行為は物凄く勇気のいる強い決断を必要とするものでした。

訴えると言っても警察に行ったり、弁護士に相談したりとかそういう事ではありません

そこまでの勇気もなく、ブログで言葉という形で訴えていこうと思いました

世の中に訴えようと意気込んでも、最初は地味にどこの誰ともわからない、何なら誰も読んでくれなくても構わない!ぐらいの消極的なものでした

地味で消極的な気持ちで書いていたブログでしたが、ある時からこれではいけないと思う様になりました

 

消極的ではいけないと思った出来事

ある時、息子の通った支援学校で教師による体罰事件がニュースになったと聞かされました

驚きましたが、率直な感想は “あの学校ならあるだろうな という事でした

息子が必死に紙に書いて訴えた恐怖に対して、笑い合い「高学年になったら鍛えがいがある」とわけの分からない事を言っていた人間達のいる学校です

それも入学してまだやっと3か月、学校や担任が怖くてたまらない重度知的障害の6歳の子供に向かっての言葉です

その体罰のニュースがわかった時に、この学校に対して消極的でいても何の解決にもならないのだと思いました

 

 

 上は昨年書いたブログです

学校名や校長名とかはTwitter始める前に消したのですが、そのせいで文がおかしくなっていないかちょっと心配です。

 

学校でこんな事件があってニュースにもなったのに・・にもかかわらずその後も息子の虐待や怪我で不登校を続けている事に対しては何の進展もありませんでした

息子という障害児の不登校は、学校にとってはただの学校嫌いで登校して来ない子という認識なのかなと思っています。

校長先生が家に来て謝って下さいましたが何についての謝罪なのかがわからずにいます

何故なら、その後も何も変わらないからです

誰かが息子の為に、虐待、怪我、不登校の真実の為に動く事はないのです

当時の人間がもう誰もいなくなったからわからない・・もしそういう事であるならこちらとしてはどうしようもありません。

学校ではなく他の機関に言ってくださいと言われた事もあります

当事者が誰もいない状態では仕方のない事なのでしょうか

終わった事だ、いい加減諦めろ!そう言われているような気がします。

息子の不登校は学校とは関係ない・・そういう態度に悲しくなります

 

発信の仕方、訴え方を変えていかなければいけないのだろうと思った出来事でした

 

やるやる詐欺!?戸惑いもあったTwitter

Twitterで発信していくという事はブログでも書いていました

Twitterやるやる詐欺!?

なかなか発信出来なかった理由は戸惑いです

ブログにアクセスが集中した時があります

教師による障害児への体罰がニュースになった時です

ブログのTwitterに “いいね” が34件もついてビックリしました(今は消えてる泣)

Twitterをやっていなかったので何が起きたのだろうと・・

Twitterやってみたいけどちょっと怖いとも思いました

Twitterを始めた今ならをお礼の “いいね!” が返せたのですが・・残念です

 

もうひとつは学校側にブログ以外でも発信していきます、という事を伝えておく期間でもありました

発信力が強いと言われているTwitterで、息子の事を訴えていきますという前置き?的な意味もありました

何年待っても無理みたいだからTwitterやるわ・・みたいな。

学校側から何か言及があれば・・淡い期待があり始めるのも躊躇していました

 

が、あるわけない!!

7年間、ほったらかしなのに言及なんてある筈がない!!

 

私もいい加減馬鹿なので、そんな感じで淡い期待を抱き続けながらきた7年間でした

 

 

学校に対して知りたい事、聞きたい事はたくさんありました

7年前から何一つ聞く事を許されていない、答えてもらっていない状態でしたから。

 

 

発信していくという事はこういう事なのですね

発信力の強さ、大きさを教えてもらった出来事です

 

 

 地道に発信していきます

爆発はしないでしょうが地道に発信していきます

誰も当てにならない、当てにしてはいけないのだという事がはっきりわかったので自分で発信していきます

発信者は私一人ですが、でも届く相手は一人ではないと今は思っています

ブログを始めた時は地味で消極的で、隠れるように書いていました

今は仲間も、読んで下さる方も増えていると思っています

・・ちなみにこのブログは3つ目なのでだいぶ慣れています

 

私の書く批判的なブログやTwitterには、批判がつくかもしれません

ですが、7年間我慢してきた事を考えればどうって事ないです

発信しようと思い、行動に移した自分を誉めてあげたいと思います

 

学校に訴えを無視されてきた7年間は長いです。

息子の不登校は辛いです。辛いです。辛いです。

 

これから世の中に7年間訴え続けたら変わるのか、変われるのかやってみます

これが今の私に出来る、精一杯の事です

これしか、今は出来ません

でもこれが、私の強い強い味方になってくれると・・信じています

 

時間は戻りません

息子の学ぶ時間を息子に返してくださいと詰め寄れば時間は戻りますか

まったく・・・

 

支援学校だろうが関係ない

学校で学ぶという時間を息子に返しやがれ!!!

 

 

ゆるりゆるりと自分の残りの人生のテーマとしてやっていきたいと思っています

 

 

災害等があった時に学校に避難している方々をテレビでよく見ます

近くの小学校などが避難場所になっていたりしますよね

息子は学校の建物は見るだけでも駄目なんです

どうするか!?

早い時期に息子の行ける避難場所を見つけておかなくてはなりますまい

 

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20190922161307j:plain

 

 雑草の中の花が綺麗だったので思わず写真に撮りました

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20190922162420j:plain


 雑草をどけてあげて花だけアップ♪綺麗だね~~

 

強くて、負けない!!

何が何でも生きていく・・・

 

まるで私のようです

 

 

あっ!?

 

 

 

 

 

雑草の方ですけどね