嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。支援学校登校拒否から早6年。傷ついた心は何処へ

海と風とエテと

今日は浜松の海に行って来ました

この前、川に行って遊んだので海にも連れて行ってあげようと思いました

天気も良くてとても暖かい日でした

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219211751j:plain

海です

母も砂浜は久し振り~~♪

海は風があるので母の上着を着せてあげました

後ろから見るとまるで女の子です(笑)

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219211109j:plain

海を見るとその大きさに圧倒されたのか足が進まなくなりました

やっぱり川とは違うもんね

砂と海と空しかない世界・・・そんな世界もあるんだよ

 

飲み込まれない様に頑張って(ファイト!)

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219213239j:plain

なあ~んて心配はいりませんでした

なんせ水と砂をこよなく愛するエテ君です

ちょっとワクワクしてきたみたいです

先ずは大きな木の切れ端を海に投げてみる!?

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219213600j:plain

当然、砂は投げます

濡れているので掴みやすいし、投げやすい

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219212338j:plain

波が来たら逃げなきゃね

でも直ぐに波を追いかけて・・

また逃げて・・楽しいね、海って!

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219213921j:plain

砂浜と青い海と広い空

どれも全て美しい自然

そして少年、エテ

まるで絵画の様です

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219214754j:plain

が、しかし・・・

御覧の通り、帰り道の彼は打ちひしがれています

うつむいて、トボトボと歩いています

さて、彼は何故打ちひしがれているのでしょう!?

 

彼ははしゃぎ過ぎ、波を追いかけジャブジャブと波打ち際を走っている時

急に耳に砂が入ったと騒ぎだしたのです

へっ!?ど、どうした!?

彼は、ちょっとしたパニックになりかけ咳き込みながらウロウロと落ち着きません

突然の事に、何がどうしたのか母もわからずエテが落ち着くまで待つしかありません

こういう時に何があって、何が嫌だったか言えるとエテも母も不安が減るのにね

 

そしてまだ調子悪そうなエテを連れて戻る事にしました

写真はそんな落ち込んでいるエテの様子です

 

海が嫌いになってないかな!?

今度、また海行こう!って言った時喜んでついて来てくれるかな!?

母はちょっと不安です

エテとまた海に行きたいから・・

今日の事がトラウマとして記憶されていない事を願うばかりです

 

でも楽しかったね

また来ようね

ルンルン♪ヾ(*´ω`*)八(*´ω`*)ノルンルン♪

 

スポンサーリンク

 

海から戻ったところに広い芝生のグラウンドがありました

海は楽しいけど砂が柔らかいので上手く走れません

ちょっと落ち込み気味のエテに気分を直してもらいたい

よし!この誰もいない広々としたグラウンドで遊ぼうか!

 

f:id:yamamomokobaru:20181219223517j:plain

誰もいないグラウンド

人に迷惑をかける事もありません

エテは機嫌も良くなり半袖で遊び始めました

ほんとに天気が良くて暖かく、走っていると汗をかくぐらいの暑さです

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219224016j:plain

心地いい風が吹いています

彼は風と戯れ、

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219222820j:plain

彼は風となり、

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219222928j:plain

 そして、彼は風といっしょに遊びます

 

 

  

f:id:yamamomokobaru:20181219224315j:plain

でも

『おいで~♪』

と声を掛ければ飛んで戻って来ます

やわらかな風にのって、エテは母に向かって吹いてきます

 

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181219230055j:plain

嬉しそうに一目散に飛んで戻って来ます

愛すべきエテです

親にとって子供は大切で大事な存在であるように

子供にとっても親は大切で大事な存在なのです

 

言葉は無くても

言葉では伝えられなくても

彼の笑った顔が母にそう伝えてくれます

 

親に向けて笑ってくれる顔

大事にしたいです

 

この邪気の無い純粋な笑顔をいつまでも守っていってあげたいと強く思います