嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。支援学校登校拒否から早6年。傷ついた心は何処へ

エテの夢と老体に鞭打つ徹夜

エテの夢を見る

夢を見た。エテと二人で知らない所にお出掛けをしていた

どこかの待合室に入る。辺りを見渡すとエテと同じ様に障害のある子が立っていた

見た感じエテと同じ位の年の男の子でエテよりちょっと背が高く、いがぐり頭

少し歩いてその子の近くに行った時

驚いた事にエテとその子がしっかりと手を握り合った、それも両手で。

『あ、同じ障害があるのだとわかるんだな』と思った

まるで久し振りにあった古い友人の様。手を握り合う二人の姿に違和感が全くない

二人ともニコニコしていて、少し会話をしていた様だった。

 

その男の子一人かと思ったらよく見ると3,4人の男女の子達が並んでいる

エテと握手をしようと並んで待っていてくれたらしい。

皆、同じ障害児だ。母はちょっと嬉し悲しの気分になる

友達のいないエテ、同じ年ごろの子を求めているのだろうか

母は引率者らしき年配の女性に挨拶をする。彼女は良い笑顔で挨拶を返してくれた

いつの間にか子供達と別れて帰ろうとすると、椅子に座った年配の女性に手招きされる

手招きされていたのは母ではなく、エテ

女性はエテに握手を求めた。エテは普通に握手に応じる。良い子だ

初めて会う人達なのに、エテが皆に認められている様で嬉しかった

待合室を出て暫く行くと、さっき出会ったいがぐり頭の男の子がいる

母の方に来て手をあげた。ハイタッチ。バイバイの挨拶をする為に来てくれたのだ

『母とこの子は知り合いなんだよ!』周りの人達に自慢したい気分だった

 

夢はそこで終わり。

いがぐり頭の男の子の顔をハッキリと覚えている

引率していた、ふくよかで優しそうな笑顔の女性の顔も覚えている

もしかしたらこれから先、エテと母がどこかで出会う人達なのかもしれない

ふと、そう思った

 

そして、いつかエテに同年代の友達を作れる場所を見つけてあげたいと強く思った

ちょっと嬉しい、ほんのちょっと悲しい夢だった

 

 

徹夜。疲れ過ぎて眠れない

実はさっきの夢は数分ウトッとした間に見た夢だった

 

エテは昨夜は久し振りに何事もなく眠りについた

どこかを痛がる事も無く、吐き気もなく、鼻水も極端に酷くない

眠るのも早かった。エテが寝た後母も久し振りにゆっくり食事が出来た

これで母も朝までエテを気にせず眠る事が出来るだろう、ハア嬉しや・・

 

・・な事はない。そんな事はなかった、甘いわ( ̄。 ̄)

彼はふと目を覚ましたらしい、多分12時頃に。

ふと目を覚ますと母がいつもいる場所にいない

エテはそれが気に入らない。母にはいつも自分の目につく場所にいて貰わないと!!

前にブログに書いた “赤ちゃん返り状態” も関係しているのだろうと思うが。

寂しいのだ、母がいつも目に付く所にいないと!

 

えっ!?母はどこで何をしていたのかって!?

疲れてちょっと横になったら寝てたのよ、寝るつもりなかったのに・・

エテの見えない所、エテのベッドからちょうど死角になる場所で・・

 

エテちゃん、それから大騒ぎよ!寝ている母を起こす為に!

起きるまで大声でわーわー言うから、煩くて寝てらんないのよ!

 

母が起きたら安心してまた直ぐ寝るだろって!?

あま~~い!凄くあま~~い!寝るわけない!!

ず~~っと何か言ってるし、母もイライラして何か言うけどオウム返しされるし・・

 

 

f:id:yamamomokobaru:20181124074954j:plain

【先週行った公園。顔が生き生きしてる。アスレチックってやっぱ楽しいよね~♪】

 

結局エテは10分ぐらい前にやっと寝ましたよ・・・

テレビをつけろとうるさいのを母は何とか阻止しました!

外が明るくなったのを見て、殆ど寝ていないのに起きてようとするから。

ご飯食べさせて、薬飲ませて 寝ろ寝ろ攻撃仕掛けました。

 

はあ~~、やっと寝てくれた~疲れた~疲れ過ぎて眠れない~

母はもう若くないのだよ・・気持ちは10代だけど…(-。-*)ボソッ

 

エテとバトルしている時、ベッドにちょっと横になった時があって、数分間。

その時に夢を見たのです。エテと出掛ける夢

現実ではエテに腹立つ時も多々あるのですが、雷も落とすし。

でも夢の中ではやっぱりエテの事を気にしているんだなーと思いました

 

夢で見た様に、いつかエテが意思疎通出来る様な友達が出来ればいいなと思います

いつまでも母ばかりを追い、母ばかりに頼っていてはいけないものね

 

エテが独り立ちする日が来るまで(来るのか?)母は付き合うよ

いつかは母と離れなければいけない日が来るからね

それまでは好きなだけ母に甘えてもいい

 

ですが、エテ君!

限度っちゅうもんもあるから!

そこは程々でお願いします

 

それでは・・・少し寝ます。

 

徹夜は老体にはキツイです

・・・シッ(*`д´)b ここだけの秘密ヨ!