嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。支援学校登校拒否から早6年。傷ついた心は何処へ

具合悪く休んでいる子を呼び出し、校内で爪の剥がれる怪我をさせ、怪我したから病院に連れて行けー学校の傲慢さ

やりたい放題・・これが許される養護学校

何故具合が悪くて休んでいる子を呼び出したのか?

必ず自分がいるからと嘘をついてまで呼び出した理由は何だったのか?

学校に行かせないのは親の責任だと不安にさせ、自分がいるから連れて来いというから、そこまで言うなら待っているのだろうと連れて行ってもらった

私は腰が悪くて動けず家に来ていた知人に連れて行ってもらった

電話がありこれから帰るという知らせかと思ったら『怪我をしたから病院に連れて行く様に言われた。今から行ってくる』という驚きの電話だった

担任はいるのか聞いたら一度も顔を出してない、会っていないと言う

自分が必ずいると言ったではないか

待っていてくれたのではなかったのか

何故わざわざ具合が悪く休んでいる子を呼び出したのか

子供が体も心も動けなくなっているものを休ませるのがそれ程嫌だったのか

子供が怖がり嫌がる事をやり、それが理由でなつかないのを子供や親の責任とでも思っていたのか

私や子供に対するただの嫌がらせではなかったのかと不信感を抱いてしまう

子供は騙され連れて行かれ、怖くて怖くて車から1時間近く降りれなかったらしい

学校に対するそれ程の子供の恐怖は何故?どこから?いつ芽生えた?

何故そこまで怖がらせるような事をした?

重度知的障害のあるまだ6歳の子に何をやったらそこまで怖がる?

 

子供の学校に対するこれ程の恐怖は怪我をする以前からあった

怪我をして剥がれ落ちた爪がまた生えてくるまで休むのは仕方がない

が、休み始めたのは怪我がきっかけでもそれ以前から学校への恐怖心はあった

逆に言えば子供が担任や学校を怖がらずに通学出来ていれば怪我もなかった筈だ

具合が悪くて学校を休んでもわざわざ呼び出される事はなかっただろうから・・・

 

私にはとても疑問に思う事がある

以前にも書いた事があるかもしれないが、養護学校では体調壊して休んでいる子を学校に連れて来いと呼び出すのは普通に当たり前にある事なのか?

校長や教頭も知っていた事なのか?

それとも担任が勝手にやっていた事なのか?

恐怖で嫌がる子を強制的に風呂に入れたり(子供に言わせれば洗面器風呂)

休んでる子に対して学校に連れて来いと強制したり

もっと言えば、“お母さんうつ病だから病院行った方がいい、今から行ってくれば?”としつこく言ったり・・・

 

やりたい放題ではないか

こういう事が許されるのは養護学校だからなのか?

 

養護学校の傲慢さ・・消したくても消えない憤り

休んでいる子を呼び出し、校内に入れば2、3分で爪の剥がれる怪我をさせ、怪我をしたから病院に連れて行けと追い返し、子供が自分で爪を剥がしたと言い放つ

養護学校のこの傲慢さはどこからくるのか?

何をしても子供が訴える事はないとたかをくくっているからなのか?

それとも・・・この学校だけがこうなのか?

 

何度でも繰り返し書く

養護学校が我が子にやった事をこの7年間全く問題にする事も無く。。

一部だけで取り扱い隠そうとし続け。。

全ての責任が6歳の知的障害児にあるかの様に振る舞ってきた事は。。

この問題が多くの人に知られる事になった時、全部自分達に返ってくるのではないか?

担任の虐待や養護学校の校内で爪が剥がれる怪我をした事、7年も続く登校拒否と何ひとつ問題解決せず隠し続け逃げてきた学校

そんな学校に対してどんな言い訳をしようが世間の目は厳しいと、そうであって欲しいと願っている

そうじゃないと理不尽過ぎる

 

消したくても消えない憤りが今も心の奥底でくすぶり続けている事に、ある時ふと気づいたりする

許してもいいぐらいの年月が経っているのに、許す機会さえ与えてもらえなかった

 

隠し、逃げる事がいったい誰のためになるというのか?

長い目で見ればそれは決して学校のためにはならないだろう

そして当然だが学校で学ぶ子供達のためにもならないだろう

私はそう思っている