嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

嘘の無い世界☆それは☆彼の世界

自閉症で重度知的障害のある息子。虐待で支援学校に行けなくなってから早7年。傷ついた心は何処へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

エテが初めて作った卵チャーハン

母は怒っていた!!

その日、母は怒っていた。

もの凄く怒れる事があり、遂に怒りは爆発した。

そんなにも怒れる相手って、いったい誰なのかって!?

エテだ、息子のエテである。

エテが生まれた時、『こんな可愛い子、生涯怒る事なんてないわね~♪』

な~んて思っていたが、あれは嘘だ!!

目に入れても痛くない程可愛いい我が子でも、怒る時は怒る

最近は毎日の様に怒っているが・・・

その日の日付を写真からみれば5月3日。

5月3日!?はて!?何の事で怒っていたのか忘れてしまっている・・情けない

そんな事はいいとして。

母は怒りのあまり『もうご飯は、絶対作らない!!』宣言をエテに下した

エテは卵チャーハンが食べたいと訴えてきたが、強く拒否!

母の"ご飯を作らないという意思”が変わらないと思ったエテは、少々動揺している

それはそうだろう、エテが生まれてご飯を作らなかった事なんて今まで一度もないのだから。

エテが、それ以上母に食い下がる事なく潔く諦めた事もまた初めての事だ

こういう一面もあるのかと新鮮な気持ちにもなる

 

 エテは考える・・・

母は怒っていて自分に卵チャーハンを作ってくれそうにない・・・

 

 

エテが自分で作った卵チャーハン

エテは考えた

そして、結論を出す・・『チャーハン自分で作るわv( ̄Д ̄)v 』

卵チャーハンの作り方なんていつも母のやり方を見ているから全部わかっている

彼は台所に行き、黙々と作業を始める

母が作る卵チャーハンは卵が2個だがエテは3個入れている・・ちょっとクスッとなる

フライパンに油引いて、卵炒めてご飯入れて炒めながら調味料で味付け

我が家の味付けは、味の素、コショウ、しょうゆ。

エテはコショウが大好きなので入れ過ぎていないか気になってしょうがない(´・ω・`)

だが口出しはしない。遠くから時々こっそり・・見ない!見たいけど・・見ない!!

 

そして出来上がった卵チャーハン

エテが生まれて初めて、全部自分で調理出来た一品である

 

ジャジャーン!!!

これですよ~~~°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

上手に出来てますね~~~(感ノД`動)クスン

 

f:id:yamamomokobaru:20200613153605j:plain

 

本当に嬉しかったです!!

怒っている事なんてもうとっくに忘れてますから(*`艸´)

『上手に出来たね~美味しそ~ママにも少しちょうだい(≧∇≦)

気前よくスプーン3回分ぐらいくれました

すごく、すごーく美味しかったです^^

コショウも入れ過ぎてなかったし、しょうゆも良い塩梅です

これで母がいつ倒れても自分でご飯作って食べられるね、エテくん!!

 

って、まだまだ倒れるつもりはないですよ(`・ω・´)シャキーン

 

人生の3分の1は睡眠だというのに・・・

人生の3分の1は睡眠らしいです

90歳まで生きたらその内の30年は眠ってるって事ですよ(´・ω・`)

それなのに・・母の悲しい睡眠事情・・・

小さい時から一緒に寝る事は当たり前だったので、今でもずっとエテと一緒に寝ています

以前ブログにも書いたような気がするのですが、エテは大きくなったのでそろそろ母は一人でゆっくりと眠りたいと思うのです

確かに寒い冬には寒がりの母にとって、エテの眠っているホカホカと暖かい布団に潜り込むのは幸せな事ではあります

ですが、ですがエテは大きくなったので母の潜り込む場所はないのです

 

2段ベッドをバラして使っている寝床はエテ一人が寝てもとても狭いものです

そこに母が入っていく余地は、はっきり言ってありません!!

『お母さん、ひとりでゆっくり寝ればいいじゃない!?』と思う方もいるかもしれません

が、エテは決して母をひとりで寝かしてあげる事はしません( ノД`)

小さい頃と同じ様に、自分が寝るベッドで一緒に寝ないと嫌で嫌でたまらない、寂しがり屋なのです

 

その狭~いベッドがこれです

枕がフランケンシュタインの(縫い目)の様になってますが(笑)

 

f:id:yamamomokobaru:20200613172710j:plain

これ!

黄色い部分がエテが決めた自分の枕を置く場所です

自分の枕は取り敢えず中央に置くわけです

で、母の枕を置く場所をこれまたエテが勝手に指定します

写真見ればわかると思いますが・・

たったあれだけの幅しか許してもらえないのですよ!?(拷問か)

そして適当に、枕になりそうな物をおくわけですよ!?

置く物は何でもいいんです。タオルだろうが洋服だろうが・・ズボンだろうが・・

 

えっ!?母の寝場所を作ってくれるだけでも感謝しろ・・ですって!?

 

そう仰いますが・・あの母の寝る指定場所は壁際なんですよ

なので寝る時には真ん中で大の字になっているエテを踏まない様に超えて行って、ちょっと邪魔なエテを押しのけて押しのけて、やっと体の3分の1が休まる感じなのです

あっ・・嘘付きました!

太っているので実際は4分の1しか休まりません!!!

 

これからゆっくり眠りにつこうという時に、戦いですよ(o´д`o)=3

 

他の人の睡眠が人生の3分の1程度なら・・・

母の睡眠は絶対人生の5分の1ぐらいしかないだろうと、確信しています

 

普通の人が90歳まで生きて30年の睡眠なら、母は90歳まで生きて18年の睡眠になる計算ですよ(多分)

 

な~~んか・・・

 

損した気分だわ

ハァ━(-д-;)━ァ…